105回薬剤師国家試験 問37解説

 問 題     

アドレナリンα1、α2及びβ1受容体に作用し、β2受容体及びドパミンD1受容体にはほとんど作用しないのはどれか。1つ選べ。

 

 

 

 

 

正解.3

 解 説     

選択肢 1,2 はそれぞれレボドパ、ドパミンです。アドレナリン受容体への作用が見られず、不適切です。

選択肢 3,4 はそれぞれノルアドレナリン、アドレナリンです。これらの違いですが、ノルアドレナリンは β2 受容体への作用がほぼありません。従って、ノルアドレナリンが適切と考えられます。

選択肢 5 は、イソプレナリンです。α 受容体への作用はほぼありません。

以上より、正解は 3 です。

コメント