105回薬剤師国家試験 問32解説

 問 題     

抗不安作用とともに、ヒスタミンH1受容体の遮断による抗アレルギー作用を併せもつのはどれか。1つ選べ。

  1. エチゾラム
  2. ヒドロキシジン
  3. エスシタロプラム
  4. タンドスピロン
  5. クロルジアゼポキシド

 

 

 

 

 

正解.2

 解 説     

選択肢 1 ですが
エチゾラム(デパス)は ベンゾジアゼピン(Bz)系です。ヒスタミン受容体遮断ではありません。よって、選択肢 1 は誤りです。

選択肢 2 は妥当な記述です。
ヒドロキシジン(アタラックス)は、非Bz系の抗不安薬です。抗ヒスタミン薬です。

選択肢 3 ですが
エスシタロプラム(レクサプロ)は、SSRI(Selective Serotonin Reuptake Inhibitors) です。セロトニンの再取り込みを選択的に阻害します。ヒスタミン受容体遮断ではありません。よって、選択肢 3 は誤りです。

選択肢 4 ですが
タンドスピロン(セディール)は、セロトニン5-HT1A受容体を選択的に刺激することで抗不安作用を示します。ヒスタミン受容体遮断ではありません。よって、選択肢 4 は誤りです。(103-33)

選択肢 5 ですが
クロルジアゼポキシド(®コントール)は、ベンゾジアゼピン系抗不安薬です。ヒスタミン受容体遮断ではありません。よって、選択肢 5 は誤りです。(100-241

以上より、正解は 2 です。

コメント