分子軌道の基本概念

原子軌道と原子軌道が相互作用をすることで、分子軌道ができます。この時、どんな軌道と軌道が近づいても相互作用するかといえば、そうではありません。s 軌道と s 軌道など、相互作用する軌道が決まっています。

2つの原子軌道の相互作用に関しては大きく2つの相互作用の様式があります。1つめは、がっちり相互作用するσ(シグマ)タイプの相互作用です。2つめは、やんわり相互作用するタイプのπ(パイ)タイプの相互作用です。

また、相互作用する時には、二種類の相互作用の仕方があります。すなわち、結合性相互作用と反結合性相互作用です。

物理化学
【 おすすめの参考書 物理化学 】
薬学、これでOK!

コメント

  1. mk より:

    s軌道とs軌道になっていますよ。