106回薬剤師国家試験 問192解説

 問 題     

遺伝子治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 失われた組織の再生を目指した治療である。
  2. がんや先天的遺伝子疾患の治療への応用が試みられている。
  3. in vivo遺伝子治療は、遺伝子を直接患者に投与して、標的細胞に導入する方法である。
  4. レトロウイルスベクターの欠点を補うためにアデノウイルスベクターが開発された。
  5. 生殖細胞への遺伝子導入が繁用されている。

 

 

 

 

 

正解.2, 3

 解 説     

遺伝子治療とは、異常な遺伝子を有し、機能不全に陥っている細胞の欠陥を修復・修正して病気を治療する手法です。治療用遺伝子を組み込んだレトロウイルスを使用する治療が具体例です。

選択肢 1 ですが
「失われた組織の再生」を目指した治療ではありません。選択肢 1 は誤りです。

選択肢 2,3 は妥当です。

選択肢 4 ですが
ウイルスベクターとして、レトロウイルスベクター、アデノウイルスベクター共に用いられ、それぞれに利点、欠点があります。欠点を補うために開発されたという経緯ではありません。選択肢 4 は誤りです。

選択肢 5 ですが
本試験時点において、生殖細胞系列への遺伝子治療、遺伝子導入は、人類の遺伝子プールへの人為的改変になるという倫理的問題があり、行われていません。選択肢 5 は誤りです。

以上より、正解は 2,3 です。

コメント