106回薬剤師国家試験 問187解説

 問 題     

慢性腎臓病の病態と治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 腎機能障害又は腎機能低下が3ヶ月以上持続する状態である。
  2. 合併症として貧血がある。
  3. 低張尿となる。
  4. 尿毒症の症状改善にラクツロースを内服する。
  5. 尿毒症状の発症を抑制するために、タンパク質を積極的に摂取させる。

 

 

 

 

 

正解.1, 2

 解 説     

選択肢 1,2 は妥当です。
貧血は、エリスロポエチン産生の低下により生じます。

選択肢 3 ですが
尿にタンパク質などが排出されるようになるため、高張尿と考えられます。選択肢 3 は誤りです。

選択肢 4 ですが
ラクツロースは、肝障害に伴うアンモニア血症に用いられます。腎不全の進行による尿毒症には用いられません。選択肢 4 は誤りです。

選択肢 5 ですが
過剰なタンパク質摂取は腎臓に負担を与えます。尿毒症状が出ているのであれば末期腎不全です。タンパク質は制限します。積極的に摂取ではありません。選択肢 5 は誤りです。

以上より、正解は 1,2 です。
類題 105-185

コメント