106回薬剤師国家試験 問186解説

 問 題     

75歳男性。2ヶ月前より顔面蒼白を家族に指摘されていた。最近、手足のしびれと味覚異常を自覚し、倦怠感が増大したため受診した。既往歴として15年前に胃の全摘術を受けている。

血液検査所見:赤血球数 240×104/nL、Hb 8.1g/dL、Ht 27.0%、MCV 113fL、MCH 34pg、白血球数 4,200/μL、血小板数 18.5×104/μL

この患者の治療に適している薬剤はどれか。1つ選べ。

  1. 10%ブドウ糖注射剤
  2. 含糖酸化鉄注射剤
  3. デキサメタゾンリン酸エステルナトリウム注射剤
  4. メコバラミン注射剤
  5. メトトレキサート注射剤

 

 

 

 

 

正解.4

 解 説     

顔面蒼白、赤血球数が低値で貧血が連想されると思います。そして、胃切除しているので、内因子欠乏→ VB12 不足 → 巨赤芽球性貧血 と考えられます。治療は VB12 注射です。メコバラミン注射剤が適切です。

以上より、正解は 4 です。
参考 病態・薬物治療学のまとめ 1-2 5)

コメント