105回薬剤師国家試験 問40解説

 問 題     

抗悪性腫瘍薬ノギテカンの作用機序はどれか。1つ選べ。

  1. トポイソメラーゼⅠ阻害
  2. トポイソメラーゼⅡ阻害
  3. 微小管タンパク質重合促進
  4. ピリミジン代謝拮抗
  5. 葉酸代謝拮抗

 

 

 

 

 

正解.1

 解 説     

ノギテカンは、イリノテカンと同じく、植物アルカロイドに分類される「トポイソメラーゼⅠ阻害剤」です。

イリノテカンは、カルボキシルエステラーゼ により、SN-38という物質に変換されてから抗腫瘍効果は発揮するプロドラッグです。一方、ノギテカンは代謝を経ずに抗腫瘍効果を発揮します。

以上より、正解は 1 です。

コメント