レーザー

レーザー  は、Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation(誘導放出による光増幅放射)の頭字語です。電磁波を発生させる装置です。レーザーにより発生する光をレーザー光と呼びます。

レーザー光の特徴として、指向性があげられます。すなわち、普通の光源から出る光は四方八方に広がるのですが、レーザー光はまっすぐ進行します。また、ほぼ単一波長の電磁波を発生させることができます。単一色の光ということです。さらに、光の波と山がきれいに揃っているため、複数のレーザー光を用いて波を重ね合わせることができます。これを可干渉性(コヒーレンス)と呼びます。

身近な応用例としては、先生が使うレーザーポインターを見たことがあるのではないでしょうか。発表の場でこの記述を読んでいる人も使ったことがあるかもしれません。医療の場においてはレーザーメスなどに用いられています。光エネルギーを熱エネルギーに変換して焼き切る道具です。さらに物質をイオン化する際にレーザー光が用いられたりします。

薬学基礎 物理学
【 おすすめの参考書 基礎物理学 】
薬学、これでOK!

コメント