起電力と標準自由エネルギー変化の関係

起電力を E とすると、化学電池が行う電気化学的仕事は nFE と表すことができます。n は化学電池における酸化反応の式及び還元反応の式において、電子の係数を合わせた時の、電子の係数です。F はファラデー定数です。(約 96500 C C=クーロン)

電気化学的仕事は、自由エネルギー変化 ΔG と等しいとみなせるため、ΔG = -n FE が成り立ちます。この公式のポイントは、起電力と自由エネルギーという2つの概念が密接に関係するものである、ということです。

演習
100-95

物理化学
【 おすすめの参考書 物理化学 】
薬学、これでOK!

コメント