熱力学第二法則

熱力学第二法則とは、低温の熱源から高温の熱源に正の熱を移す際に他に何の変化もおこさないようにすることはできないという法則のことです。(クラジウスの法則ともよばれます。)

これは一つの表現で、他の表現もあります。よく知られているのは「ただ一つの熱源から正の熱を受け取って働き続ける熱機関(第二種永久機関)は実現不可能である=オストヴァルトの法則」というものです。

また、エントロピーを用いて「孤立系における自発的変化は不可逆で、エントロピーが増大する」という表現もあります。

物理化学
【 おすすめの参考書 物理化学 】
薬学、これでOK!

コメント