標準生成エンタルピー

標準生成エンタルピーとは、標準状態と呼ばれる圧力と温度で最も安定な状態の単体のもつエンタルピーを 0J と定め、標準状態で化合物 1mol が、その構成成分の単体から生成する時のエンタルピー変化のことです。

標準状態にある安定な単体として、例えば 25℃ では(25℃を選ぶ理由は、熱力学における標準状態を考えているためです。気体の標準状態(0℃)とは異なるため、注意が必要です。)硫黄については斜方硫黄が、炭素については黒鉛が選ばれます。

この時、例えば化合物 CS2 の標準生成エンタルピーとは、標準状態において
C(黒鉛)+2S(斜方硫黄)→ CS2+ Q(熱)という反応における Q のこととなります。

物理化学
【 おすすめの参考書 物理化学 】
薬学、これでOK!

コメント