仕事、熱

仕事とは、物体に加えた力と、それによる物体の位置の変化量の積により定義されるような物理的な量のことです。式で表すと w = – Fs と表されます。Fが力で、sが移動距離です。(work の頭文字で w, Force の頭文字で F 、s は諸説あり、spaceの略や、displacementの略でdが他に使われているため、次に出てくる子音として s といった説があります。)

ある物体や系から、別の物体や系へとエネルギーが移行した時に、移行するエネルギーを熱(熱エネルギー)とよびます。よく q で表されます。(熱量の「量」=quantity の略という説が知られています。)

物理化学
【 おすすめの参考書 物理化学 】
薬学、これでOK!

コメント