102回薬剤師国家試験 問288-289解説

 問 題     

38歳女性。肺結核と腰痛に対して以下の薬剤を服用していた。今回、同じ薬剤が処方されたが、最近、「新聞が読みにくくなった」などの視力障害を訴えた。

問288

この視力障害との関連性が疑われる薬物はどれか。2つ選べ。

  1. リファンピシン
  2. イソニアジド
  3. ピラジナミド
  4. エタンブトール塩酸塩
  5. ロキソプロフェンNa
この問題は、設問が不明確で正解が得られないという理由から「解なし」となった問題です。

問289

本症例の病態と薬物治療に関する説明として、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 結核菌は接触感染によって伝搬する。
  2. 血痰の有無により、他の呼吸器感染症と鑑別できる。
  3. 飲み忘れなど不規則な抗結核薬の服用は、結核菌が薬剤耐性を獲得する原因となる。
  4. 視力障害の原因薬は、いったん中止し、視力が回復したら再開する。
  5. 唾液や涙液が橙赤色になることがある。

 

 

 

 

 

正解.
問288:解なし
問289:3, 5

 解 説     

問288

解なしのため、解説なし。

問289

選択肢 1 ですが
結核の感染経路は、空気感染です。接触感染では、ありません。

選択肢 2 ですが
他の呼吸器感染症との鑑別は、菌培養、PCR法などによるものです。血痰の有無で鑑別することはありません。

選択肢 3 は、正しい選択肢です。

選択肢 4 ですが
原因薬は中止します。再開しません。

選択肢 5 は、正しい選択肢です。
リファンピシンの副作用です。

以上より、正解は 3,5 です。

コメント