R1 大気特論 問11

 問 題     

排煙脱硝技術に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. アンモニア接触還元法で用いられる主な触媒は、酸化チタンを担体とし、酸化バナジウムを活性金属とするものである。
  2. アンモニア接触還元法では、排ガス中のNOと注入したアンモニアが1:1のモル比で反応する。
  3. 活性炭法は、NOxだけでなく、SOxも除去できる。
  4. 無触媒還元法には、アンモニア接触還元法よりも高温が必要である。
  5. 酸化還元法は、NOxをオゾン又は二酸化塩素で酸化し、硫酸カルシウム溶液に吸収させる方法である。

正解.5

 解 説     

排煙脱硝技術には、乾式に分類されるアンモニア接触還元法・活性炭法・無触媒還元法と、湿式に分類される酸化還元法があります。

このうち湿式の酸化還元法は、NOxをオゾンや二酸化塩素で酸化してからアルカリ水溶液に吸収させることで脱硝を行う方法です。アルカリ水溶液としては亜硫酸ナトリウムがよく使われます。

よって、(5)の「硫酸カルシウム溶液」が誤りで、正しくは「亜硫酸ナトリウム溶液」のようにするべきです。ほかのアルカリ水溶液でも構いませんが、硫酸カルシウムだと水に溶けにくい上、アルカリではありません。

コメント