R1 大気特論 問10

 問 題     

液体及び固体燃料の二段燃焼に関する記述中、(ア)、(イ)の中に挿入すべき語句の組合せとして、正しいものはどれか。

燃焼用空気を2段に分けて供給し、第一段では空気比を( ア )に制限し、第二段の空気で完全燃焼を図り、NOx生成を抑制する方法である。サーマルNOxとフューエルNOxでは、この方法は( イ )に対し、低減効果がある。

  •   ア      イ
  1. 0.8~0.9程度  前者
  2. 0.8~0.9程度  両者
  3. 0.5~0.7程度  前者
  4. 0.5~0.7程度  後者
  5. 0.5以下      両者

正解.2

 解 説     

二段燃焼を行う主な目的は以下の2つです。

  1. 急激な燃焼を抑制し、火炎温度を下げる
  2. 酸素濃度を低めに抑え、NOxの生成を抑制する

二段燃焼は、第1段階の供給空気量を理論空気量の80~90%程度に制限し、第2段階で足りない空気を供給する方法で、系全体で完全燃焼させるようになっています。

この方法はサーマルNOxとフューエルNOxの両方に対して大きな抑制効果が見込めますが、同時に、ばいじんやCOなどの未燃分の発生に注意する必要があります。

よって、(ア)には「0.8~0.9程度」が、(イ)には「両者」が入ります。

コメント