過去問 H29 公害総論 問13

H29 公害総論 問13

産業廃棄物に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 事業活動によって生じた廃棄物のうち、法令で定められた廃油、廃酸、廃プラスチック類などが含まれる。
  2. 平成25年度の種類別の排出量は、汚泥が最も多く、次いで動物のふん尿、がれき類の順である。
  3. 平成25年度の業種別排出量は、パルプ・紙・紙加工品製造業が最も多く、次いで農業・林業、建設業の順である。
  4. 平成25年度の総排出量の78%は中間処理され、20%が直接再生利用されている。
  5. 平成25年度で再生利用率が高いものは、動物のふん尿、がれき類、金属くず、鉱さいなどである。

解答・解説を表示

正解 (3)

産業廃棄物の排出量が最も多いのは「電気・ガス・熱供給・水道業」で、次いで、「農業・林業」、その次が「建設業」です。しかし、2位と3位はたまに入れ替わるので注意が必要です。いずれにせよ1位が「パルプ・紙・紙加工品製造業」というのは明らかに誤りなので、(3)が正解となります。

ちなみに、4位が「鉄鋼業」、5位が「パルプ・紙・紙加工品製造業」ですが、このあたりは年によって順位の入れ替わりがあります。しかし、上位3位までを覚えておけば、選択肢から答えがわかるようになっているはずなので、覚えておくのは1位から3位までで充分です。

コメント