過去問 H29 公害総論 問12

H29 公害総論 問12

騒音対策に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 工場等での技術的な騒音対策では、主として距離減衰効果が利用されている。
  2. 自動車単体から発生する騒音を減らすために、加速走行騒音規制などが実施されている。
  3. 成田国際空港では、緊急時等を除き夜間の航空機の発着が禁止されている。
  4. 鉄道騒音対策として、レール削正の深度化などが実施されている。
  5. 近隣騒音対策として、拡声機騒音については、条例等により規制が行われている。

解答・解説を表示

正解 (1)

その工場に充分な敷地面積があれば、距離減衰効果を騒音対策とすることもできるかもしれませんが、現実には、そんなに広い工場がたくさんあるとも思えません。

工場等での主に行われている技術的騒音対策には、遮音、吸音、消音器設置などが挙げられます。

コメント