H29 公害総論 問11

最近の土壌汚染及び地盤沈下に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 平成28年に1,4‐ジオキサン及びクロロエチレン(塩化ビニルモノマー)について土壌環境基準が設定された。
  2. 環境省の調査によると、平成26年度に土壌汚染対策法の土壌溶出量基準又は土壌含有量基準を超える汚染が判明した事例が579件あった。
  3. 鉛、ひ素等の重金属による汚染はほとんどみられない。
  4. 環境省の調査によると、平成26年度に水準測量が実施された地域のうち、年間2cm以上地盤沈下した地域は2地域であった。
  5. かつて著しい地盤沈下をした東京都区部などは、対策の結果、地盤沈下の進行は鈍化している。

正解.3

土壌に関する主な基準超過項目は、いずれの年も「鉛」、「ふっ素」、「ひ素」の3項目です。

よって、(3)は誤りで、ほとんどみられないどころか、むしろ土壌汚染の主要因といえます。

コメント