H28 大気特論 問9

吸収塔酸化方式の石灰スラリー吸収法におけるスケーリング防止策に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 吸収液にあらかじめ石こうの種結晶を加えることなどによって、石こうの装置材料表面への付着を抑制する。
  2. 吸収塔内部は、液のよどみのない単純構造とするほか、表面の滑らかな材料を用いる。
  3. 吸収塔下部の反応槽における滞留時間を短くし、吸収液の石こう過飽和度を常に高い状態に保つ。
  4. 吸収塔内部に乾き箇所や吸収液のよどみが生じないように液分散ノズルを配置し、適切な液ガス比を維持する。
  5. デミスターでは吸収液のよどみと乾き箇所が生じやすいので、運転中の定期水洗によって固結を予防する。

 

 

 

 

 

正解 (3)

 解 説     

(3)のような対応をとってしまうと、吸収液が飽和状態であるので石こうが吸収液に溶けきれなくなって析出しやすくなります。この析出した石こうこそがスケールとなるので、これはスケーリング防止策として不適です。

正しくは、「吸収塔下部の反応槽における滞留時間を長くし、吸収液の石こう過飽和度を常に低い状態に保つ。」とするべきです。

コメント