H28 大気特論 問10

低NOxバーナーの形式とその主なNOx抑制原理・方式の組合せとして、誤っているものはどれか。

  (形式):(主なNOx抑制原理・方式)

  1. 急速燃焼形:放熱量増加による火炎温度低下と燃焼ガスの高温部滞留時間の減少
  2. 緩慢燃焼形:燃焼域又は火炎表面積の拡大による火炎温度低下と燃焼域での酸素濃度の低下
  3. 分割火炎形:小火炎への分割による、燃焼域での酸素濃度の低下
  4. 段階的燃焼組込形:バーナー内への二段燃焼や濃淡燃焼の組み込み
  5. 自己再循環形:循環域での酸素濃度と燃焼温度の低下

 

 

 

 

 

正解 (3)

 解 説     

NOx抑制の方法は大体が以下の3つのいずれかによって行われます。

  • 酸素濃度の低下
  • 火炎温度の低下
  • 高温域でのガス滞留時間の減少

(1)、(2)、(5)については説明文に上記のどれに当てはまるかが書いてあり、記述の通りです。

(4)も正しい記述ですが、NOx抑制の方法の記載がありません。これは酸素濃度の低下による方法です。

残る(3)について、大きな火炎を小さな火炎に分割したところで、特に酸素濃度の低下にはつながりません。小さな火炎に分けるメリットは、それだけ表面積(火炎の外側の面積)が大きくなるので放熱性に優れることです。

スムーズに放熱されることで火炎温度が低下し、また、一つ一つの火炎が小振りであるので高温域でのガス滞留時間が短くなります。よって、(3)の「燃焼域での酸素濃度の低下」が誤りで、この部分を「火炎温度の低下と高温域でのガス滞留時間の減少」に変えると正しい記述になります。

コメント