H28 汚水処理特論 問6

イオン交換に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 樹脂母体に結合している活性基としてスルホン酸基が導入されている樹脂は強酸性イオン交換樹脂である。
  2. 樹脂母体に結合している活性基として第三級アミンが導入されている樹脂は強塩基性イオン交換樹脂である。
  3. イオン濃度が高い場合は、処理コストの面から電気透析法を検討するべきである。
  4. 油分やコロイド状有機物などを多量に含む原水を直接通すと、イオン交換樹脂の性能が劣化するので前処理を行う必要がある。
  5. イオン交換樹脂の再生には強酸、強アルカリや食塩などが使用され、濃厚な再生廃液が出てくる。

正解.2

アミンは塩基性に違いありませんが、主には弱塩基性、せいぜい中程度の塩基性です。

コメント