過去問 H27 公害総論 問6

H27 公害総論 問6

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第5次評価報告書の内容に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 陸域と海上を合わせた世界の平均地上気温は、1880年から2012年の期間に0.85℃上昇した。
  2. 世界の平均海面水位は、1901年から2010年の期間に0.19m上昇した。
  3. 1971年から2010年の期間に、海洋表層(0~700m)で水温が上昇していることはほぼ確実である。
  4. 過去20年にわたり、グリーンランド及び南極の氷床の質量は減少している。
  5. 北極域の年平均海氷面積は、過去20年にわたり増加している。

解答・解説を表示

正解 (5)

温暖化により北極域の海氷は溶けていっているので、年平均海氷面積は減少を続けています。

コメント