H26 大気特論 問10

低NOx燃焼技術に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 高温域での燃焼ガスの滞留時間を長くすることは、NOxの発生抑制に有効である。
  2. 気体燃料は空気と良好な混合状態が得られるため、一般にNOxの発生は少なくなる。
  3. 燃料中の窒素分を低減させると、フューエルNOxを低減できる。
  4. 低硫黄化対策として推進されてきた低硫黄燃料への転換は、一般にフューエルNOxの低減にも役立つ。
  5. 二段燃焼では、火炎温度と酸素濃度の低下によりNOxの生成が抑制される。

正解.1

高温域での燃焼ガスの滞留時間を長くすると、サーマルNOxの発生に繋がります。そのため、NOxの発生抑制のためには滞留時間を短くする必要があります。

コメント