H26 大気特論 問11

アンモニア(NH3)接触還元法に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 排ガス中にNH3を注入し、触媒の作用によりNOxを窒素と水に変換する。
  2. 現在主に用いられている脱硝触媒は、白金が活性金属であり、酸化チタンが担体である。
  3. 脱硝反応では、NOとNH3が1:1のモル比で反応する。
  4. 脱硝率は処理ガス量と触媒量で変化する。
  5. 一般に、ガス燃焼ボイラーに用いる脱硝触媒の寿命は、石炭燃焼ボイラーのそれより長い。

 

 

 

 

 

正解 (2)

 解 説     

白金系触媒はSOxで被毒されやすい触媒です。そのため、SOxを含む可能性のある排ガスの処理には、酸化チタンを担体とした五酸化バナジウム触媒を用いるのが有効です。

よって、(2)は、「白金」ではなく、「五酸化バナジウム」となります。

コメント