H26 大気特論 問9

石灰スラリー吸収法排煙脱硫装置の維持管理に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 排ガス通風圧力損失の増大は、主にガス流路の固形物付着による狭隘化に起因する。
  2. 吸収液のpHが低くなると、脱硫率が低下する。
  3. 吸収液のpHを高くすると、石こうの純度が高くなる。
  4. 酸化反応用空気ノズルは、空気量が不足すると詰まりやすくなる。
  5. ガス及び液の温度管理は、装置材料の劣化防止にも効果がある。

正解.3

スラリーのpHは中性~弱酸性にしておくと、高脱硫率を維持したままスケーリングを防止できます。あまり酸性側に寄り過ぎると脱硫率が低下し、塩基性側に寄ると亜硫酸カルシウムが生成してスケーリングが発生します。そのちょうど良いpHは、大体6程度です。

よって、(3)のように吸収液のpHを高くすることは、亜硫酸カルシウムが増え、石こうの純度を低下させることになります。

コメント