H26 大気特論 問8

湿式排煙脱硫プロセスに関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 石灰スラリー吸収法では、石灰石又は消石灰を5~15%含むスラリーを吸収剤とする。
  2. 石灰スラリー吸収法で脱硫に適した排ガス温度は、50~60℃である。
  3. 水酸化マグネシウムスラリー吸収法では、石こうは回収できない。
  4. 水酸化マグネシウムスラリー吸収法では、吸収塔でのスケーリングのおそれが少ない。
  5. ダブルアルカリ法では、石灰スラリーはSO2の吸収反応には関与しない。

正解.3

水酸化マグネシウムスラリー吸収法では、反応ののちに硫酸マグネシウム(MgSO4)が生成しますが、これを水酸化カルシウム(Ca(OH)2)と反応させることにより、以下の化学反応式の通り、石こう(CaSO4・2H2O)が回収できます。

コメント