H26 大気概論 問6

IPCCの第四次報告書によると、次の温室効果ガスのうち、大気中寿命の最も長いものはどれか。

  1. 一酸化二窒素
  2. 二酸化炭素
  3. メタン
  4. トリクロロフルオロメタン(CFC-11)
  5. トリフルオロメタン(HFC-23)

 

 

 

 

 

正解 (5)

 解 説    

まず、(2)の二酸化炭素は特定の大気中寿命を持ちません。それは、二酸化炭素が大気と海洋と陸上生物圏の間を連続的に循環し、時間スケールの異なるさまざまな過程が関与しているため、一概に大気中寿命を確定できないからです。そこで、二酸化炭素も長寿命ガスの一種ではありますが、ここでは除外します。

ほかの選択肢は、寿命の長いものから順番に並べると、(5)のトリフルオロメタン(HFC-23)が270年、(1)の一酸化二窒素が114年、(4)のトリクロロフルオロメタン(CFC-11)が45年、(3)のメタンが12年となっています。

細かい数字を覚えておく必要はないかと思いますが、(1)~(5)のいずれも長寿命温室効果ガスとしてIPCCの報告書で取り上げられているので、大まかには押さえておくと良いかもしれません。

コメント