H26 大気概論 問7

環境省による大気汚染物質排出量総合調査による、平成20年度におけるばいじんの業種別排出量(法対象外施設からの排出量を除く)を多い順に並べたとき、正しいものはどれか。

  1. 電気業 > 鉄鋼業 > 化学工業 > パルプ・紙加工品製造業
  2. 電気業 > 鉄鋼業 > パルプ・紙加工品製造業 > 化学工業
  3. 鉄鋼業 > 電気業 > 化学工業 > パルプ・紙加工品製造業
  4. 鉄鋼業 > 電気業 > パルプ・紙加工品製造業 > 化学工業
  5. パルプ・紙加工品製造業 > 鉄鋼業 > 電気業 > 化学工業

 

 

 

 

 

正解 (2)

 解 説    

この手の問題は、上位3位までを押さえておくと良いと思います。選択肢に上位3つ以外のものが含まれていたり、上位のものが含まれていなかったりすることもありますが、それでも上位3位までをきちんと知っていれば正解が選べるようになっている問題がほとんどです。

この問の場合、1位が電気業(22.6%)、2位が鉄鋼業(14.9%)、3位がパルプ・紙加工品製造業(10.4%)となっているため、これを知っていれば(2)が正解だと判断できます。

本調査は3年に一度で、平成23年度の調査では、1位が電気業(15%)、2位が鉄鋼業(15%)、3位が窯業・土石製品製造業(9%)と、3位が変わりました。平成26年度の調査では、1位が電気業(15%)、2位が鉄鋼業(14%)、3位が化学工業(12%)と、また3位が変わっています。そのため、試験前には最新のデータをチェックしておいたほうが良いかもしれません。

コメント