H25 水質有害物質特論 問4

有機水銀排水の処理に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 塩素により酸化分解して塩化物とした後、硫化物法で処理する。
  2. 硫化物法の後処理として、吸着処理を行う。
  3. 塩素による分解は有機水銀化合物のアルキル基の炭素数が小さいほど、分解しにくい。
  4. 塩素酸化時のpHは、分解に大きく影響する。
  5. 塩素酸化時のpHが強アルカリ性では、CH3-Hg結合が容易に破壊される。

 

 

 

 

 

正解 (5)

 解 説     

水銀を含め、金属類の多くは酸性条件で溶けやすく、また、アルカリ性条件で沈殿しやすいです。また、有機化合物の多くは、酸に弱く、酸によって分解されます。

以上より、有機水銀中のCH3-Hg結合が容易に破壊される条件は、「強アルカリ性」ではなくて「強酸性」です。

コメント