H25 水質有害物質特論 問3

亜硫酸塩還元法によるクロム(Ⅵ)排水の処理に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 薬注制御はORP計により行われる。
  2. pH3以上ではORP変化が小さく、薬注制御が容易である。
  3. 亜硫酸水素ナトリウムを過剰に添加すると処理不全となる。
  4. 亜硫酸水素ナトリウムが不足するとクロム(Ⅵ)が検出される。
  5. 還元後はアルカリ剤を加え、水酸化クロム(Ⅲ)として沈殿分離される。

 

 

 

 

 

正解 (2)

 解 説     

確かにpH3以上ではORP変化が小さくなりますが、これは薬注制御がしづらくなるので不都合です。そのため、pHの設定は、2.0~2.5程度にしておくことが望ましいです。

この問題を解くにあたって、適正なpHの数値を覚えておくのは難しいかもしれません。しかし、ORPとは酸化還元電位のことなので、(2)にある「ORP変化が小さく」という言葉から、電位変化が小さいと、その微々たる変化で薬注制御をするのは難しい…と連想できるので、「容易である」の部分が誤りであることが判断できます。

コメント