H22 公害総論 問6

地球温暖化に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 過去100年間に二酸化炭素の大気中濃度は、約400ppm増加した。
  2. IPCCの第四次評価報告書では、1906年から2005年までの100年間で全球平均地上気温の上昇は0.74℃と推定されている。
  3. 地球温暖化の影響の一つとして、海面の上昇が指摘されている。
  4. 地球温暖化対策として、省エネルギーや新エネルギーの積極的導入が打ち出されている。
  5. 京都メカニズムには、共同実施(JI)と排出量取引及びクリーン開発メカニズム(CDM)の三つがある。

 

 

 

 

 

正解 (1)

 解 説     

現在の二酸化炭素の大気中濃度が大体400ppmくらいです。なので、400ppm増加したというのはおかしな記述だとわかります。実際には、過去100年で80ppm程度増加しています。

コメント