H22 公害総論 問7

成層圏オゾンに関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 成層圏の酸素分子は紫外線を吸収して酸素原子に解離し、オゾンを生成する。
  2. 成層圏のオゾンは320nm以下の紫外線を吸収すると、分解して酸素分子になる。
  3. 成層圏のオゾンは塩素原子、臭素原子などにより連鎖的に分解される。
  4. 大気中に放出されたクロロフルオロカーボン類(CFC)、ハイドロクロロフルオロカーボン類(HCFC)やハロンは、成層圏で紫外線により分解されて塩素原子や臭素原子を放出する。
  5. 国際的な規制が段階的に進められた結果、CFC、HCFCやハロンの大気中濃度は減少傾向にある。

 

 

 

 

 

正解 (5)

 解 説     

CFCとHCFCは選択肢(4)にあるとおり、それぞれクロロフルオロカーボン類、ハイドロクロロフルオロカーボン類を指します。CFCがいわゆるフロンといわれるもので、最初に登場するものです。これがオゾン層破壊につながるとわかったので用いられるようになったのがHCFCで、いわゆる代替フロンといわれるものです。

フロンも代替フロンもハロンも規制が進められてはいますが、まだまだ大気中濃度が減少傾向とはいえません。

ただし、CFC-11やCFC-12、CFC-113などは減少傾向となりつつあるので、CFCはそろそろ減少傾向といえる時期かもしれません。HCFCは今後20~30年後にピークとなり、その後は減少傾向に転じると考えられています。ハロンについては増加の一途をたどっており、減少の見込みは今の段階では不明です。

コメント