腸溶製剤の特徴と利点

腸溶性剤は、胃で溶けず、腸で溶けるように指向された製剤です。消化管での副作用を避ける事ができるといった利点があります。

コーティング剤として
酢酸フタル酸セルロース(セラセフェート)ヒドロキシプロピルメチルセルロースフタレート(HPMCP)などのセルロース誘導体が用いられます。フタレートとは、フタル酸エステルのことです。アスピリン腸溶剤などの製剤が利用されています。

コメント