膜電位と能動輸送

膜電位とは、膜を挟んだ溶液におけるイオン濃度の濃淡により発生する電位のことです。細胞膜内外の電位差が代表的な例です。

能動輸送とは、ATP 加水分解によるエネルギー等を利用することで、濃度の高い所から低い所に物質を輸送する働きのことです。代表的な例としては細胞内の Na+ の濃度差を作るための Na ポンプの働きがあげられます。能動輸送により、細胞膜の内外におけるイオン濃度差が作られます。濃度差により膜電位が生じます。

物理化学
【 おすすめの参考書 物理化学 】
薬学、これでOK!

コメント