活量、活量係数

活量とは、実在溶液における実効モル分率です。理想溶液と現実の溶液のズレを補正するためのパラメータです。

現実の溶液で、ある物質のモル分率が x とします。この時、分圧などを測定すると、理論的な値と実際の実測値ではわずかにずれが生じます。そこで、実測値に対応するようなモル分率 a を活量と呼びます。式で表すなら、a =γx です。ここで γ のことを活量係数とよびます。理想溶液であれば、γ=1 となります。

例として、1L の溶媒に、1mol の溶質を溶かしたとします。1mol/L のはずです。しかし実際にモル濃度を測定してみると、0.98 mol/L と測定されたとしましょう。この時、a = 0.98 、γ = 0.98 となります。この実験系において、1 L の溶媒に 2mol の物質を溶かせば、活量 a = 1.96 です。

物理化学
【 おすすめの参考書 物理化学 】
薬学、これでOK!

コメント