共役反応

共役反応とは、発熱、吸熱反応が組み合わさって進行していくような化学反応のことです。

ATP 加水分解で発熱して、その熱でタンパク質の構造が変化するといった一連の反応が例として挙げられます。生体内における多くの化学反応が共役反応に分類されます。

物理化学
【 おすすめの参考書 物理化学 】
薬学、これでOK!

コメント