106回薬剤師国家試験 問292-293解説

 問 題     

13歳女児。身長127cm、体重23kg。多飲、多尿、口喝と1ヶ月に3kgの体重減少があった。ある朝、全身倦怠感、下痢、嘔吐があり、意識障害となったため母親が救急車を要請し、病院に搬送された。1型糖尿病と診断され入院となった。搬送時の検査データを下に示す。

(検査値)

血糖値 770mg/dL、尿糖 (4+)、尿蛋白 (-)、尿中ケトン体 (4+)、Na 132.0mEq/L、K 4.2mEq/L、動脈血液ガスpH 7.1、HCO3 9.0mEq/L

問292

この患児の病態及び検査に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. インスリン過剰状態にある。
  2. アルカローシスによって、血中重炭酸イオンの減少がみられる。
  3. 高血糖により脂肪分解が抑制されている。
  4. 呼気中にアセトン臭が認められる。
  5. Glutamic acid decarboxylase(GAD)抗体が陽性である可能性が高い。

問293

この患児への初期対応として適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. ジペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4)阻害薬の経口投与
  2. インスリンの点滴静注
  3. グルコン酸カルシウムの点滴静注
  4. 生理食塩液の点滴静注
  5. 5%ブドウ糖注射液の点滴静注

 

 

 

 

 

正解.
問292:4, 5
問293:2, 4

 解 説     

問292

選択肢 1 ですが
Ⅰ型糖尿病は、インスリンの絶対的量不足による糖尿病です。原因は不明の、自己免疫疾患です。(102-20)。インスリン「過剰」ではありません。選択肢 1 は誤りです。

選択肢 2,3 ですが
インスリン不足→糖利用低下、代替的に脂肪酸代謝亢進→代謝物のケトン体増加に伴い、ケトアシドーシス という流れです。アルカローシスではありません。また、脂肪分解が亢進と考えられます。選択肢 2,3 は誤りです。

選択肢 4,5 は妥当です。
GAD 抗体について 102-294)。

以上より、正解は 4,5 です。

問293

血糖値減少のためインスリン静注、及び、血中 pH の正常化のため輸液が適切と考えられます。輸液に関して、ブドウ糖注射液は糖尿病患者に対して不適切です。ちなみに、グルコン酸カルシウムは、低 Ca 血症に用いられます。(104-327)。

以上より、正解は 2,4 です。

コメント