R2 汚水処理特論 問22

 問 題     

フェノール類の検定に関する記述中、下線を付した箇所のうち、誤っているものはどれか。

4-アミノアンチピリン吸光光度法では、前処理で(1)蒸留した試料を(2)pH4以下に調節し、これに4-アミノアンチピリン溶液と(3)ヘキサシアノ鉄(Ⅲ)酸カリウム溶液を加えて、生成する(4)アンチピリン色素の吸光度を(5)波長510nm付近で測定する。

 

 

 

 

 

正解 (2)

 解 説     

「フェノール類は保存するときは弱酸、分析するときは弱塩基」というのは、重要事項としてぜひ押さえておきたい知識です。

これを知っていれば、今回は分析時の話なので、(2)の「pH4以下」がおかしい、とすぐに(2)が正解であると判断することができます。ちなみに、(2)の部分は正しくは「pH約10」となります。

保存するときに酸性とする理由について、フェノール類は揮発性があり、そのままだと時間経過とともに気化して水中から抜けていってしまいます。そのため、酸と反応させて水に溶けやすいフェノール塩(フェノキシド)の形にしておく必要があります。

一方、分析するときにpH約10とするのは、フェノール類と4-アミノアンチピリンとが反応してできるアンチピリン色素が、pH約10において最も強く発色するためです。pHがずれると発色の強さが変わってしまうので、測定誤差につながります。

以上から、正解は(2)となります。

コメント