R1 大気特論 問7

 問 題     

燃焼管理に用いる酸素(O2)自動計測器とその干渉成分の組合せとして、誤っているものはどれか。

  •  (計測器)     (干渉成分)
  1. 磁気式O2計      NO2
  2. 電極方式O2計     SO2
  3. 電極方式O2計     CO2
  4. ジルコニア方式O2計  CO
  5. ジルコニア方式O2計  SO2

正解.1

 解 説     

SO2自動計測器の干渉成分に関する出題は頻出ですが、今回のようにO2自動計測器の干渉成分が問題になるのは珍しいです。そのため、この問題は捨て問題扱いにしてしまっても構わないと個人的には思います。

参考までに各種の酸素自動計測器と、その計測器での妨害物質の組み合わせを以下の表にまとめておきます。

まとめると、以下の表のようになります。

O2計測器の種類 妨害物質
磁気式O2 NO
電極方式O2 SO2、CO2
ジルコニア方式O2 CO、CH4、SO2

よって、(1)が誤りで、磁気式O2計の干渉成分はNOとなります。


また、解説の冒頭で記載した通り、この手の問題ではSO2自動計測器の干渉成分のほうが重要事項といえます。以下に各種の二酸化硫黄自動計測器と、その計測器での妨害物質の組み合わせをまとめたので、併せて確認しておいてください。

SO2計測器の種類 妨害物質
溶液導電率方式 CO2、NO2、NH3、HCl
赤外線吸収方式 水分、CO2、炭化水素
紫外線吸収方式 NO2
紫外線蛍光方式 芳香族炭化水素
干渉分光方式 水分、CO2、炭化水素

コメント

  1. kt より:

    お世話になります。1について、平成25年の問7で磁気式の妨害成分はNOとなっているので、1が誤りだと分かります。解説ではCOとなっていますが、磁気式の妨害成分はNOとCO
    と言う覚え方で宜しいでしょうか?