R1 大気特論 問1

 問 題     

天然ガスに関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 湿性と乾性に大別できる。
  2. 湿性ガスには、メタン、エタン、プロパン、ブタンなどが含まれる。
  3. 乾性ガスは、多少のCO2を含む。
  4. 天然ガスの標準発熱量は、およそ40MJ/m3Nである。
  5. LNGは、天然ガスを数十気圧に加圧した後、-77℃程度に冷却して液化したものである。

 

 

 

 

 

正解 (5)

 解 説     

(5)に関して、LNG(Liquefied Natural Gas)は液化天然ガスのことで、メタンが主成分です。

メタンは有機化合物の中で最も低分子なので、大気中で気体であるのはもちろんのこと、沸点がかなり低く-162℃まで冷やすことで初めて液化します。

よって、(5)の「-77℃」が誤りで、正しくは「-162℃」となります。

コメント