R1 水質有害物質特論 問5

 問 題     

水銀排水の処理に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 硫化物法では、硫化ナトリウムの添加量が水銀濃度に比べて過剰になると、水銀の再溶出が起こる。
  2. 硫化ナトリウムと塩化鉄(Ⅲ)を用いて処理する場合、鉄が多硫化鉄を形成して処理水が白濁することがある。
  3. 水銀キレート樹脂としては、ジチオカルバミド酸基を持つものなどがある。
  4. 有機水銀排水は、塩素によって酸化分解して完全に塩化物とした後、硫化物法で処理する。
  5. 活性炭吸着法では、アルカリ性側のpH領域で吸着効率はよくなる。

 

 

 

 

 

正解 (5)

 解 説     

(5)に関して、活性炭による吸着法では、pHは1~6の酸性で水銀の吸着効率が高くなります。

コメント