R1 水質有害物質特論 問4

 問 題     

図はクロム(Ⅵ)排水の処理フローの一例である。槽へ添加するものA~Dの組合せとして、最も適切なものはどれか。

  •  A     B     C     D
  1. NaOH   NaHSO3  H2SO4  高分子凝集剤
  2. NaOH   NaClO   H2SO4  NaHSO3
  3. H2SO4  NaHSO3  NaOH   高分子凝集剤
  4. H2SO4  NaClO   NaOH   NaHSO3
  5. H2SO4  FeCl3    NaOH   NaHSO3

 

 

 

 

 

正解 (3)

 解 説     

クロム(Ⅵ)の処理の流れは以下の通りです。

まずクロム(Ⅵ)をクロム(Ⅲ)に還元します。これは、のちに凝集・沈殿をしやすくするためです。ここで、クロム(Ⅵ)をクロム(Ⅲ)に還元するためには酸性下で還元剤と反応させる必要があります。

つまり、還元槽(図中の最も左側)では、まず(A)のところで酸性にするための酸を加え、次に(B)のところで還元剤を注入します。

(A)は選択肢が硫酸(酸)か水酸化ナトリウム(塩基)かなので、これは硫酸が正解です。(B)は選択肢が亜硫酸水素ナトリウム(還元剤)か次亜塩素酸ナトリウム(酸化剤)か塩化鉄(Ⅲ)(酸化剤)なので、亜硫酸水素ナトリウムが正解です。

ここまででクロム(Ⅵ)はクロム(Ⅲ)になったのですが、今のところ液性が酸に傾いているため、ここで中和します。それが図の2番目の槽(中和槽といいます)です。

(C)の選択肢は水酸化ナトリウム(塩基)か硫酸(酸)なので、酸性状態を中性にするために水酸化ナトリウムを加えます。

そして、中性状態で図の3番目の槽(凝集槽といいます)にて凝集剤を加えフロック(塊)を作り、最後の沈殿槽にて沈殿分離します。

(D)の選択肢は高分子凝集剤か亜硫酸水素ナトリウム(還元剤)かなので、ここでは高分子凝集剤を使います。

以上から、正解は(3)です。

コメント