R1 水質概論 問7

 問 題     

富栄養化指標及び富栄養化による障害の指標に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 植物プランクトンの平均的な体組成の元素別割合は、大きい順に、有機体炭素、りん、窒素である。
  2. 植物プランクトンにとって、窒素、りん、カリウムは三大栄養素であるが、カリウムは水中に豊富にあるため、窒素とりんが主な成長の制限因子となる。
  3. 植物プランクトンの増殖は、無機物から有機物が生産されることから、一種の有機汚濁でもあるため、湖沼や閉鎖性水域では内部生産と称される。
  4. 植物プランクトンの産生するミクロキスチィン‒LRの毒性は、シアン化カリウムよりも高い毒性(マウス腹腔内投与試験)を示す。
  5. 植物プランクトンが産生する代表的な異臭味物質には、ジェオスミンと2‒MIB(2‒メチルイソボルネオール)がある。

正解.1

 解 説     

(1)に関して、炭素・窒素・りんはいずれも植物プランクトンを形作る元素ですが、その体組成比は

  • 炭素:窒素:りん=106:16:1

の関係になるといわれています。この比を厳密に覚えておく必要はないと思いますが、その大小関係は明らかに「炭素 > 窒素 > りん」となります。

よって、(1)では大きい順に並べることになっているので、「有機体炭素、りん、窒素」ではなく「有機体炭素、窒素、りん」とするのが正しいです。

コメント