R1 水質概論 問6

 問 題     

水生生物保全に係る環境基準に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 環境省の平成28年度公共用水域水質測定結果によると、全亜鉛の測定結果は、湖沼においては全地点で基準値以下であった。
  2. 全亜鉛の環境基準値は湖沼については0.03mg/Lである。
  3. 湖沼及び海域について底層溶存酸素量(底層DO)が追加された。
  4. 底層DOの環境基準値は、生物1類型に対し4.0mg/L、生物2類型に対し2.0mg/L、生物3類型に対し1.0mg/Lである。
  5. 環境省の平成28年度公共用水域水質測定結果によると、底層DOの測定結果は、海域においては基準値を満たしていない測定点があった。

正解.4

 解 説     

水生生物の保全に係る環境基準項目は以下の4項目が定められています。

  • 全亜鉛
  • ノニルフェノール
  • 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩
  • 底層溶存酸素量

このことは重要事項としてぜひ押さえておきたい知識ですが、この問題ではこれらの基準値や達成率が問われています。出題頻度からいってもややマイナーな出題の仕方なので、個人的にはこの問題は捨て問題扱いにしてしまっても構わないと思います。

(1)は正しいです。全亜鉛は湖沼と海域で環境基準の達成率が100%となっています。河川については基準値を超過している箇所があります。

(2)も正しいです。全亜鉛の基準値は、河川と湖沼では0.03mg/L、海域では0.02mg/Lになります。

(3)も正しいです。以前は水生生物の保全に係る環境基準項目は3項目でしたが、平成28年に底層溶存酸素量(底層DO)が追加されました。なお、測定地点は湖沼と海域であり、河川は対象外です。

(4)が誤りの選択肢です。底層DOの環境基準値は、生物1類型に対し4.0mg/L、生物2類型に対し3.0mg/L、生物3類型に対し2.0mg/Lとなります。

(5)は正しいです。(3)で解説した通り、底層DOの環境基準値は湖沼と海域に対して平成28年度に定められました。そもそも、現在の状態が良くなくて改善を望むから基準値を設けるわけなので、この時点では当然、湖沼でも海域でも基準を満たしていない地点はたくさんあります。

コメント