R1 大規模水質特論 問5

 問 題     

水の再利用に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. カスケード利用では、機械工場におけるコンプレッサーの冷却水を酸洗工程の洗浄水として利用するなど、間接冷却水を洗浄用水へ利用するケースが多い。
  2. 冷却塔を利用して間接冷却水を循環利用する場合、水質の悪化が起こるので、一定の循環水のブローと新たな水の補給を行う必要がある。
  3. 鉄鋼業の連続鋳造や熱間圧延の工程では、冷却水へ懸濁(けんだく)物質が混入するため、沈殿、ろ過処理の後に循環利用する。
  4. 工場からの総合排水を公共下水道に放流しているケースでは、これを処理して処理水を再利用することにより、下水道使用料を節約することができる。
  5. 工業団地などで、複数の工場の排水を集中処理して各工場に工業用水として供給する方式は、工場の製造工程内の排水を同一工程の同一用途に再利用する方式に比べると経済的であり、再生利用のほとんどのケースが該当する。

 

 

 

 

 

正解 (5)

 解 説    

(5)が誤りで、「工業団地などで、複数の工場の排水を集中処理して各工場に工業用水として供給する方式」と「工場の製造工程内の排水を同一工程の同一用途に再利用する方式」を入れ替えると正しい文章になります。

というのも、「工場の製造工程内の排水を同一工程の同一用途に再利用する方式」の場合は、その工程において、使用すべき水の質も、発生する排水の質もはっきりしています。そのため、排水を再生利用するために必要な処理も最低限必要なことだけをすればよいので、経済的です。

一方で、「工業団地などで、複数の工場の排水を集中処理して各工場に工業用水として供給する方式」の場合、色々な工場から出た排水が混ざっているので、色々な種類の有害物質が含まれていることが予想されます。

さらに、再生利用したあとにその水を使う用途も工場によって様々なので、どの工場でも利用できるように、かなりきれいな水まで再生させなければいけません。

これらの理由から、こちらの場合には高度な水処理を行う必要があるので、経済的に不利となります。よって、この方式を採用する例は少ないです。

コメント