H30 大気特論 問10

低空気比燃焼によるNOx抑制法に関する記述中、下線を付した箇所のうち、誤っているものはどれか。

空気比を低くすると(1)燃焼領域での酸素濃度が低下するとともに、火炎温度が低くなるので、NOx生成が抑制される。この方法は、サーマルNOx、フューエルNOx(2)両方に抑制効果がある。空気比を下げ過ぎると、すすが(3)発生しやすくなる。また、一般的には、低空気比燃焼は(4)省エネルギー対策になり、二段燃焼法と比較するとNOx抑制効果も(5)大きい

正解.5

低空気比燃焼は、可能な限り過剰空気量を少なくして燃焼させる方法です。そのメリットやデメリットについては、問題の記述の1文目と2文目に書かれた通りです。

一方、二段燃焼は、第1段階の供給空気量を理論空気量の80~90%程度に制限し、第2段階で足りない空気を供給する方法で、系全体で完全燃焼させるようになっています。この方法は大きなNOx抑制効果が見込めますが、同時に、ばいじんやCOなどの未燃分の発生に注意する必要があります。

よって、(5)の「大きい」が誤りで、正しくは「小さい」となります。

コメント