H30 公害総論 問13

環境省の産業廃棄物排出・処理状況調査報告書によると、下記の業種のうち、平成26年度における産業廃棄物の業種別排出量が最も少ない業種はどれか。

  1. 農業・林業
  2. 電気・ガス・熱供給・水道業
  3. 建設業
  4. 鉄鋼業
  5. 化学工業

 

 

 

 

 

正解 (5)

産業廃棄物の排出量が最も多いのは「電気・ガス・熱供給・水道業」で、次いで、「農業・林業」、その次が「建設業」です。しかし、2位と3位はたまに入れ替わるので注意が必要です。

上記の3つより下を見ていくと、4位が「パルプ・紙・紙加工品製造業」で、5位が「鉄鋼業」となりますが、この手の問題は大概が上位3つをしっかり押さえておけばあとは選択肢から正解を選べるパターンが多いです。

…という考え方でH29年度までは対応できていたのですが、この問題は上位3つを知っていても(4)と(5)が残ってしまいます。上位5つまでを知っていれば、登場しない(5)の「化学工業」が正解だとわかります。

このような問われ方が今後も続くようであれば、上位3つを押さえるだけでは不十分なのかもしれません。

コメント