H30 ばいじん・粉じん特論 問6

洗浄集じん装置に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 液滴からの蒸発は、捕集に対し、負に寄与する。
  2. 充塡塔では、充塡層内のガスの流れが乱れているほど集じん率は高くなる。
  3. ベンチュリスクラバーでは、基本流速が大きいほど微細なダストを捕集することができる。
  4. スプレー塔では、基本流速が小さいほど集じん率は高くなる。
  5. 回転式では、液ガス比が大きいほど集じん率は高くなる。

 

 

 

 

 

正解 (2)

 解 説     

充塡塔とは、その名の通り塔の中に充塡物が詰まっている装置です。塔の上部から充塡物の間に洗浄液を流し込み、下部から上がってくるガスとぶつけることで洗浄します。

ガスに乱れが少ないほうが洗浄液との安定した接触が図れるので、集じん率は高くなります。よって、(2)の記述は反対です。

コメント