H29 大気有害物質特論 問4

充塡塔(じゅうてんとう)に関する記述中、下線を付した箇所のうち、誤っているものはどれか。

表面積の大きな充塡物を詰めた塔内に吸収液を(1)上部から流し、ガスと向流に接触させる(2)ガス分散形の装置である。充塡物としては、磁器類、合成樹脂、ステンレス鋼などでつくられた(3)ラシヒリングやテラレットがある。ガスの圧力損失には、(4)充塡物の種類や大きさのほかに、(5)液やガスの流量が関係している。

正解.2

(2)の「ガス分散形」が誤りで、正しくは「液分散形」です。

各種ある吸収装置には大きく分けてガス分散形と液分散形の2つがありますが、その分類は次のようになっています。

ガス分散形:

  • 段塔
  • 気泡塔
  • ジェットスクラバー
  • 漏れ棚塔

液分散形:

  • 充塡塔
  • 流動層スクラバー
  • サイクロンスクラバー
  • ベンチュリスクラバー
  • スプレー方式
  • ぬれ壁塔

コメント