H29 大気特論 問7

高温腐食に関する記述中、下線を付した箇所のうち、誤っているものはどれか。

重油中に含まれる(1)バナジウム(2)ナトリウムなどの金属化合物が、(3)過熱器、再熱器などの高温伝熱面に主に(4)気相析出する。伝熱面の表面は、その母材金属の酸化被膜で覆われて酸化の進行を防いでいるが、この上に付着した金属化合物が(5)融剤となって腐食が進行する。

 

 

 

 

 

正解 (4)

 解 説    

バナジウムは高温になると溶け出して、燃焼装置の伝熱面に付着し、腐食させます。この高温腐食現象をバナジウムアタックと呼びます。また、そこにナトリウムが存在すると腐食作用が促進されるため、ナトリウムも高温腐食の原因物質となります。

よって、バナジウムやナトリウムが気相での反応ではないため、(4)の「気相析出」が誤りで、たとえば「付着」などとするのが適切です。

また、高温腐食対策としては、以下のようなものが挙げられます。これも重要事項なので、ぜひ併せて押さえておいてください。

  • 高温部の伝熱面の表面温度を下げる
  • 伝熱面の付着物を落とす
  • ドロマイトなどの添加剤を注入して灰の融点を上げる
  • バナジウム、ナトリウムの少ない重油を使用する
  • 定期点検時などを利用し、スケールの除去を行う

コメント